「感覚」がゆるぎない幸せを引き寄せる

幸せは「感覚」が引き寄せる


ゆるぎない幸せマインドで生きるのは
実は、とてもシンプルな事をするだけ。

潜在意識の二つの領域があります。
ひとつは「ビリーフ」「固定観念」の領域。
もうひとつは「感覚」の領域。

この「感覚」領域にあるのは、本音・感情・才能・本来の生きる力、幸せに向かう力。
ここから、日々メッセージが届いています。と無料メール講座でもお伝えしています。

~~~~~~~~~

無料メール講座
ご登録まだの方はこちらからどうぞ

「生きづらさからゆるぎない幸せマインドへ変わる5ステップ」
https://peraichi.com/landing_pages/view/kokoro-lp

~~~~~~~~~

この、感覚からのメッセージ

ひらめきや本音をしっかり受け取り心地と良い選択をし行動する。

これが、ゆるぎな幸せマインドで生きるシンプルな方法です。
それは、自分が自分であって、自分自信を大切にすることでもあり、人生の舵をとり、本来の自分で生きることでもあるのです。

ビリーフや固定観念がこの「感覚」を鈍らせ制限をかけた生き方を選んでしまうので、ビリーフを書き換えは外せないところですが、書き換えだけでは、
それまで封印されてきた感覚にアクセスするのはなかなか難しいのです。

例えば、「楽しんではいけない」のビリーフを「楽しんでいい」と書き換え、許可が出ても、それまで楽しむことを制限する事で生きて来れたとしたら・・
感覚が鈍くなってしまうのは当前ですよね。

 

心地よい選択に従って勇気を持って行動する

 

「制限」から「許可」になるとにはなりますが、次のステップ「行動」へはなかなかのハードルがあったりします。
だから、ここへのアプローチも絶対に欠かせないのです。

ただ、「心地よい選択に従って勇気を持って行動する」ということなのですが、その勇気が出ない自分を責めてしまったり、なかなか変われない自分にいらだったり・・
そのうち、もともと目指す先を間違えてるんじゃないか、こんな自分が大それたことをしようとしてるんじゃないか、なんてことも沸々と湧き上がってきたり・・

そんなこんなをしていると、変わらない自分はダメ、変われない自分は生きてる価値がない、と、せっかく許可が下りたはずがぐるぐるが始まりまた元戻ってしまう、なんことが起きたりするのです。

良く考えるととても怖い話ですが、生きづらさから抜け出して楽になっても、行動せずにいるとこうなってしまうことも多いのです。

だから、ある程度深いところの制限がはずれたら、次は、もともと誰でもが持っている「感覚」の領域の本音・才能・生きる力を引き出していく。
そこへアクセスすることが必要なのです。

このサポートを春から始めましたが、半年後の今、どのクライアント様も、大きな変化が起き、行動することに抵抗がなくなり、行動したことで今までにない大きな気づきがあったり、自分を大切にするという意味が腑に落ちたり

ゆるぎない自分で自分を生き人生がいきいきと輝いたものになる・・

変化が起きることは想定内でしたが、その変化のあまりの大きさとご自身の気づきに私自身も驚いているくらいです。
まさに、「感覚」がゆるぎない幸せを引き寄せていくのですね。
改めてですが、

「感覚からのメッセージひらめきや、本音をしっかり受け取り、心地と良い選択をし行動する」

ことの重要さを感じています。

自分と向き合い、生きづらさから抜けだし、ありのままの自分と出会って幸せに生きると決断し、1歩を踏み出して見ませんか?